COLUMNコラム

2016~WEBトレンドを考える~

2016年もよりモバイルユーザーを意識したデザインが進んでいくでしょう。

ではモバイルユーザーを意識したデザインとは?

『サイトのシンプル化』

です。

デスクトップPCの普及が減り、2in1型のPC、タブレット、ファブレット、スマホが普及

は益々広がっていきます。

デバイスに合わせてサイト閲覧の環境もかわりってきますので環境とユーザビリティを

意識したデザインになっていきます。

◎フラットデザイン

◎余計なものの排除(ミニマリズム)

◎表示速度の改善

を考慮したデザインが主流となると予測できます。

 

情報量が多いサイトなど目的によっては必ずしもフラットデザインが適しているわけでは

ありません。対象ユーザーや目的を明確にしてデザインに落とし込みましょう。

 

『カード型レイアウトデザイン』が増えてくると思います。

当社のコーポレイトサイトは2014年に刷新しましたが、今後こういったご要望が増えてくる

であろうという予測からカード型レイアウトデザインにしています。

フラットデザイン調で作りましたが、立体感ももたせたつくりをしています。

とはいっても大切にしてほしい事は ユーザー思考 でサイトを作ってほしいということです。

トレンドはあくまでもトレンドです。

・見てもらう相手の環境がどんなものか?

・どういう人を対象としているのか?

・何を伝えたいのか?

しっかりと見据えてデザインを考えていきましょう。

 

画像やフォントにも気を配ったホームページ構築が大切です。

ホームページのデザインにもっともかかわってくるのが画像です。

画像ひとつでデザインの印象ががらりと変わってしまいます。

いい画像が安価に買えるようになり画像レベルもあがっているわけですが、

それにともないオリジナル性が薄れてきています。

これから注目されてくるのはイラストを用いたものなど、オリジナル性を

出せる画像が重宝されてきます。

 

フォントによってもホームページの印象が大きくかわります。

色味やデザインだけにとらわれず、文字にも注視して全体像を見てください。

 

フラットデザインや、カード型デザインの話をあげていますが必ずしも適している

わけではありませんので状況を見すえてサイトデザインを考えてみてください。

 

当社ではただ単にホームページをつくるのではなくお客様の対象となる

マーケット、ユーザー層、環境を一緒になって考え、ご提案、課題の解決、

向かうべきGOALに最適なデザイン、テキストを作成しておりますので

お悩み、お困りがありましたらご相談ください。

DATE:2016/01/18

PAGETOP