COLUMNコラム

Googleの広告AdwordsのPC表示の変更を考察

Googleの広告表示が変更になったのをお気づきでしょうか?

どう変わったのか?

Adwordsの表示部分として検索画面の『上部枠』『下部枠』『右端枠』でしたが

右端の広告枠がなくなりました。

同時に上部の広告枠が 3枠→ 4枠 に増えました。

 

ここで広告を出されている、出そうと考えられているユーザーにとってみれば

不安要素として下記を真っ先に考えるのではないでしょうか?

 

① PC向け広告で集客難度があがるのでは?(広告運用が難しくなるのでは?)

② 上部4位以下に広告出稿しているユーザーは入札単価を上げて運用が必要か?

③ 注力すべきキーワードの調査をしっかりしないといけないのではないか?

 

まず①と②です。

こちらは、もともと右側の広告枠のクリック率は高くなく、そこまで反響をとるものではなかった

ため広告主の考え方次第ですが、右枠の広告は出稿停止してもよいかと思います。

その分を主要キーワードに注力するのも手です。

集客難度があがるというより、キーワードの選定と見定め定量的分析が必要になってきます。

懸念としては②の上位4位以内に入るための運用を競合がしてくるため入札単価の高騰は

予想されます。

今までの運用では通用しない部分も多く出てくる可能性があり、どうしたら効果的な運用が

可能かを考えて行う必要がありそうです。

 

③に関しては、CPC(Cost Per Click※クリック単価のこと)、CPA(Cost Per Action

※成果獲得あたりの広告単価)を見ながら分析と成果に繋げていく運用が必要になります。

 

変更間もないため様子をみて柔軟性の高い運用をしていきましょう。

検証結果などまた統計でたらご報告したいとおもいます。

 

 

 

DATE:2016/03/25

PAGETOP